2015年01月29日

共産党池内さおり・自民党を「日本版ネオナチ」表現 



 共産党池内さおり・自民党を「日本版ネオナチ」表現 

 「のりこえねっとTV」で発言


 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

    日本共産党の池内さおり衆院議員は2015年1月26日、ネットの動画番組で自民党を「日本版ネオナチ」と表現した。

1422429135897s    池内氏は「のりこえねっとTV」に出演。進行役のジャーナリスト安田浩一氏とともに自民党とレイシズムの関係について語り、「自民党に1票を投じることは日本版ネオナチに投票することと同じ」と述べた。

    安倍晋三首相が戦後70年談話を出すことについては「歴史偽造のウルトラ右翼とその台頭を許さない。ウルトラ右翼政権を1日でも早く終わらせるために戦う」とした。

    池内氏は14年衆院選で初当選。イスラム国の日本人拘束事件をめぐる政権批判ツイートが批判され、謝罪したばかり。過去には「赤旗まつり」で安倍首相の顔にヒトラーを模してひげを描き加えた写真を貼ったドラムを叩いて物議をかもした。

    2015/1/28 13:21
    http://www.j-cast.com/2015/01/28226397.html

 このような軽い発言を連発する人間が共産党の議員にいることは、共産党のイメージを損ねるので悪いことではない。どんどんエスカレートして最後には自分でも何を根拠に話をしているのかさえ判断できなくなるのではないか?

 日本版ネオナチ

 ウルトラ右翼

 安倍=ヒトラー

 まぁ〜共産党の本質がよく現れているので良いと思います。こんな事を言っても今時信じるのは、日本共産党の党員の中でも少数派なのではないか。

 中核派と革マル派の内ゲバ殺人が激しいころに、お互いに相手を「ファシスト」呼ばわりして罵倒しあっていたが、言葉にどれ程の意味があったのか。たぶん意味など関係なくただ憎しみを表す言葉として使われていたと思う。

 つまり、このような言葉を使う人は、<日本社会に対する深い憎しみ>を心に秘めている人達なのでしょう。安倍自民党政権を多くの日本国民が選挙で支持したのですから、この発言は日本社会に対する憎悪をたぎらせている表現と言っても間違いではない。

 発言の場が「のりこえねっと」や同席者が「安田浩一」というお仲間をみれば、皆さん日本社会に対する何らかのルサンチマンを抱え込んで育った人達なのでしょう。

 日本共産党のお仲間の中国共産党の文化大革命やカンボジアのポルポトの虐殺、それにスターリンの粛清などから比べたら、ナチなど可愛いものです。もう少しお勉強した方がよろしいと思います。

 なぜ共産主義国では大量虐殺が起こるのか?

 岩田氏が「正義が人を殺す」という、その典型例が、共産主義である。共産主義の研究書『共産主義黒書』では、いくつかの資料をもとに、共産主義によって合計約1億人が殺されたと報告している。その内訳は:

 ソ連:2000万人、中国:6500万人[a,b]、ヴェトナム:100万人、北朝鮮:200万人、カンボジア:100万人、東欧:100万人、ラテンアメリカ:15万人、アフリカ:170万人、アフガニスタン:150万人、その他政権についてない共産党:1万人

 我が国でも連合赤軍あさま山荘事件で、10人以上がリンチにより殺害されているが、このごくごく一部と言える。また我が国の近隣にはいまだ北朝鮮や中国など共産主義国があるので、他人事ではない。

 これだけ世界中の共産主義国で同様の虐殺が起こっている以上、これは共産主義が持つ構造的な問題と考えざるをえない。

 資本家による労働者の搾取をやめさせるという「正義」を追求する共産主義が、なぜ結果的にこれだけ多くの人を殺すという逆説が生み出されるのか。その悲劇を繰り返さないためにも、政治哲学が解明すべき重要研究課題である。

 http://mina.tumblr.com/post/22186481624/2

 そう言えば先般NHKのニュースを見ていたら、

 アウシュビッツのユダヤ人虐殺が100万人と言ったいました。

 あれっ!いつから600万人から500万人も減ったのですか?理由は明らかになっていません。100万人も怪しいものですね。

 

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。  

Posted by the_radical_right at 07:53mixiチェック

2015年01月28日

後藤健二さんとサジダ死刑囚交換で合意、?


 後藤健二さんとサジダ死刑囚交換で合意、

 アラブ系メディアが報道c2ch.net

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

    号外:後藤健二さんとサジダ死刑囚交換で合意、アラブ系メディアが報道

    http://news.tv-asahi.co.jp/
 
 この情報が正しいのか、どうかについてはわかりません。現在2ちゃんのニュー速掲示板のトップにあります。ヨルダンが死刑囚との交換に合意したとありますが、本当なのでしょうか?

 ヨルダンも国際世論に背を向けてテロリストと交渉するとは信じがたい話ですが、もしこれが本当であれば日本人の人質解放もあるのかも知れません。

 この問題ではあるマスコミがこのように大きく書いていました。まだ、身代金要求をしている段階で、人質交換はこの後です。

 さて、皆さん、どこのメディアでしょう。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本人人質を英雄視は歪んでいる。

 身代金支払いはテロへの敗北だ。

 いちいち救出していたらヤクザの食い物にされたぼろ会社のように国が滅びる。

 莫大な身代金を払って救出する価値などあるのか、身代金は誰が出すのか、国民の税金か、ひと頃、自己責任という言葉が流行したが、死ぬのは覚悟の上ではないのか・・・・・・

isuramu2

 彼らは幼稚で思考力なき単なる戦争好きに過ぎず今では国の迷惑者ではないか
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 と、ここまで書いたのは実は「日刊ゲンダイ」である。

 日ごろの報道からは信じられない二人を突き放した書き方である。二人の無事を祈る声や湯川さんが処刑されてからは、後藤氏を助けるべきだなどと言う声で多くのマスメディアは埋め尽くされている。

 しかし、日刊ゲンダイは冷静な目でこの事件を解説していた。

 先ず、日刊ゲンダイは大手メディアが悲劇のヒーローを作りだしていると批判している。

 「イスラム国に拘束されれば自分一人の問題では済まない。一国の政府が対応を迫られる。そのリスクを考慮しなかった行動だとしたら、後藤氏の親族や知人には酷だがジャーナリストとしては幼稚な判断としてのそしりは免れない」と断じた。

 そして、<紛争取材に情熱><戦禍で苦しむ子ども達の悲惨な現状を取材し講演>を陳腐な美談とも書いている。

 湯川氏の行動は無謀で民間軍事会社での渡航は敵対者としか見られず、それを探しに行った後藤氏なども敵のスパイと見られて当たり前と言っており、テロリストの交渉など一切してはならないと書いた。

 日刊ゲンダイがここまでハッキリ書いているので、助けるべきだなどと言っている人は日刊ゲンダイに文句を言ってみてはどうか。

 さて、今回はヨルダンがパイロットを殺すと脅され、ヨルダンは自国民を助けるために決断したのかも知れません。このような形での釈放を日本人が喜んでいいのか、疑問に感じるところではあります。


 

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 

 りんごの販売は一旦中止しました。有難うございました。冷蔵貯蔵庫に仕舞い込んであるので、暫くしたら又再開いたします。

 ジュース、ジャム、ドライフルーツは引き続き販売しております。  
   
  
Posted by the_radical_right at 18:08mixiチェック

沢田研二がブチ切れ「嫌なら帰れ!」


 沢田研二がブチ切れ「嫌なら帰れ!」

 元々こう言う人だったのでしょうか?

   ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。
 
 日刊ゲンダイ 1月26日(月)15時25分配信
ファンは呆然…沢田研二がライブでブチ切れ「嫌なら帰れ!」
12年の衆院選では山本太郎氏を応援/(C)日刊ゲンダイ

「何が起こったのか一瞬わからず、会場は静まりかえりました」(観客のひとり)
歌手の沢田研二(66)が先週、コンサート会場で突然ブチ切れて、ファンで埋め尽くされた会場を
凍りつかせる場面があったという。「2015 沢田研二 正月LIVE」が開かれた1月20日。
会場は東京国際フォーラムのホールAで、キャパの5000人はほぼ満席に近い状態。
「昭和90年のVOICE∞」と題し、東京、名古屋、大阪と主要都市の全6公演を回った最終日
ということもあり、グループサウンズ時代からのファンが多く訪れ、熱気ムンムンだったという。

ところが、いざ開演してみると1曲目の「LOVE(抱きしめたい)」以降、往年のヒット曲が披露
されることはほぼなし。「私が知っていたのは『君をのせて』と『6番目のユ・ウ・ウ・ツ』ぐらい。
『TOKIO』も『危険なふたり』も『勝手にしやがれ』も歌ってくれないんだから! 
昔のジュリーの歌が聞けると思ってきたのに拍子抜け」(60代女性)「お腹の回りについたぜい肉
が玉にキズだったけど、ふなっしー顔負けで何度も跳びはねたりと精力的に動いていた。

本人は新曲を出し続けているし、現役感をアピールしたかったのかもしれないけれど、やっぱり、
私たちが聞きたかったのは昔の歌なんですよねえ」(別の60代女性)などなど、ライブに訪れた
観客からはこうした不満の声が漏れていた。

■客席の「歌って〜!」の声に…
そして、2時間近く歌い続けたジュリーが最後の最後でMCに立った時、“事件”が起こった。
「イスラム国」の日本人人質事件にも触れつつ、「皆さん、大変な事態になりました。日本の将来を
憂うのではなく自分自身の頭と心で考えなければなりません」と、自説をとうとうと述べるジュリーに
客席から「歌って〜!」という黄色い声援が……。

すると、その声に反応したジュリー。間髪入れずにステージ上から「黙っとれ! 誰かの意見を
聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!」と怒鳴りつけたというのだ。ファンは目が点。会場は凍り付く
ような雰囲気に包まれたというわけだ。

ジュリーは「3・11」以降、被災地への祈りと反脱原発ソングをリリースし続け、12年の衆院選で
は山本太郎氏の街頭演説にも参加している。政治への意識と関心は高く、憲法9条の大切さを訴えたり
ステージ上で「アッカン、アベ〜」と安倍政権をからかうような発言もしている。

悪くなる一方の政治情勢へのイラ立ちがステージ上での発言につながったのだろうが、楽曲を楽しみ
にしているファンに向かって「嫌なら帰れ」はやはり暴言だろう。今は“ボギーの時代”ではない。
思いの丈はぜひ、別の機会にぶちまけてほしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000004-nkgendai-ent


 >「歌っての声に」

 ぶち切れて「嫌なら帰れ!」とはビックリです。この人は前々からこのような人だったのでしょうか?この人の政治志向を知ってから私もこの人が嫌いになった。人間は嫌いになったが、たまにカラオケで歌うこともある。昔覚えた歌は中々忘れないものだ。

 しかし、今回のこの暴言には驚くばかりです。何故彼はこんなにも変わってしまったのだろう。昔の彼からは想像も出来ない。

 14222700970001























 この山本太郎を応援する姿を見たときにはショックでした。故菅原文太さんも晩年大きく思想を転換したのか、或いは元々そうであったものを隠して生きて来たのか?良く知らないが最近そのような人が目立ちます。

 >
政治への意識と関心は高く、・・・・・・・・ 

 芸能界は在日出身者が多いのでそのようなお仲間なのか、或いは左翼思想を元々持っていたのか?ここまで言うならばそれも同時に語って欲しいと思います。これまで見てきた限りではかつてはそれほど政治に関心が高いとは感じられなかった。

 >間髪入れずにステージ上から「黙っとれ! 誰かの意見を聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!」と怒鳴りつけたというのだ。

 憲法9条を守れ!などと言う自称平和主義者に限って、このような気が短いというか好戦的な人が多い。性格なのかも知れないが、その年齢を考えればもう少し大人になってもいい筈です。

 昔からかっとなると直ぐ暴力を奮うなどとは言われたことがあったが、それは酷く侮辱された故の為と報道されていた。このようなファンの前で怒鳴るなどは聞いたこともなかった。

 
 火病ったのか?・・・などと掲示板で書かれていたのを目にしたが、まさかこの人もそうなのでしょうか?最近やたら多いのでほんとビックリです。

 歌を聴きに来るファンに対して、政治的な発言をするならば、場所を変えて講演会でも開くべきだと思います。そこそこ人も集まるだろうしそうする事の方が反発を受けないで済むからです。

 14222700970018





































 これも投稿掲示板で見つけました。格好いいと思って着ていたのかも知れませんが、かつてはこのような衣装で唄っていた人が、憲法9条守れ!の平和主義者というのですから、やはりその思想の変遷に関しては一言あってしかるべきでしょう。

 

 そう言えば「嫌なら○○に帰れ」はヘイトスピーチでしたね。

 それに嫌な奴とも「仲良くしましょう」と「共生」すべきだったのでは。


  ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 

 りんごの販売は一旦中止しました。有難うございました。冷蔵貯蔵庫に仕舞い込んであるので、暫くしたら又再開いたします。


 ジュース、ジャム、ドライフルーツは引き続き販売しております。  
  
Posted by the_radical_right at 07:18mixiチェック

2015年01月27日

重大な訂正があります。

 
 重大な訂正があります。

 明日の裁判はさいたま地裁越谷(こしがや)支部です。

裁判所案内図
http://www.courts.go.jp/saitama/about/syozai/kosigayasibu/
s_0_vc2_img-01_vc2_img-01_0_vc2_img-01


【裁判の詳細】


日時:平成27年1月28日(水) 11:30開廷


場所:さいたま地裁川越支部


原告:梅野祐亮・允子


(訴訟代理人:弁護士法人アームズ法律事務所 弁護士:浅水尚伸、中村信行、麻王秀一郎、出口和歌子、加藤善大)


被告:張 鋭(通名:江本鋭次)

 以上


 失礼しました。傍聴の方々にはくれぐれもお間違いのないようにお願いします。


関連記事
帰化中国人による集団ストーカー裁判
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53096117.html

 異民族とカルトが手を結んだまれに見る執拗な嫌がらせがついに、法廷の場に持ち込まれました。しかし、相手方はあくまでも躁うつ病であり、正常な判断が出来ないという理由で、事件の真相を語ろうとはしない。


 この手の犯罪は単に近隣のトラブルなどという単純な事件と考えがちだが、その背景はかなり複雑ではないのか?最近公営住宅などの団地にはシナ人はカルト信者が多く住んででいる。


 彼らは独自のネットワークでつながっていて、被害者は孤立して暮らしていかねばならない。何度も警察に電話をしても本気で逮捕するどころか、相談にも乗ってくれない。


 優しく面倒見のよい警察官などは今時はドラマの世界だけの話である。警察は背景にあるカルト組織の影に怯え、人種差別だなどの言いがかりを恐れて、マトモに話を聞こうともしない。


 今回の事件を契機に全国でこのような外国人とカルトによって虐げられ、時には生命の危険さえ感じるような危険な毎日を送っている人々に勇気を与えるような裁判であって欲しいと願わずにはおられません。


 私は田舎に帰っており傍聴は出来ませんが、どうか近隣の方は見に行って原告を激励してあげてください。


 

  ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 

 りんごの販売は一旦中止しました。


 ジュース、ジャム、ドライフルーツのみの販売となります。  
Posted by the_radical_right at 16:58mixiチェック

帰化中国人による集団ストーカー裁判


 帰化中国人による集団ストーカー裁判

 何故、執拗な嫌がらせは続いたのか?

  ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。  


有門大輔君のブログに詳しく書かれているので、それを紹介します。

1・28 さいたま地裁川越支部(さいたま地裁越谷支部の誤りでした) 11:30開廷

★帰化人集団による近隣テロ!!

かつてないガスライティング(心理的虐待)の確証に司法の判断や如何に?

gasu
画像:ガスライティングを描いた映画のワンシーン

ガスライティング(ウィキペディアより)

 埼玉県越谷市の団地に居住する「梅野さん夫妻」は少なくとも平成25年3月頃より、同団地に居住する元中国人の男らから様々な嫌がらせを受けてきたという。

 このほど、その証拠(画像・映像など)を元に民事訴訟の場に訴え出た。

 カルト信者などによる所謂集団ストーカーの類の犯罪はこれまでいくつもの事例を見てきたが、いずれも確証や物的証拠に乏しく、警察当局や司法に掛け合っても決定的な事態の進展には至らなかったものである。

 ところが、梅野さん夫妻への集団ストーカー犯罪のケースは画像、動画などで気味が悪いくらいに、集スト犯罪の実態が浮き彫りにされていたものである。

 集スト犯罪と聞けば、これまでは一般的に「本当にそんな集団的な犯行があるのか?」「組織的な付きまといや嫌がらせなど、考え過ぎではないのか?」と目されてきたものだ。

 しかし、梅野さんの場合は表沙汰にならないよう巧妙且つ緻密、そして長期間にわたってジワリジワリと繰り広げられてきた集スト犯罪の実態が奇跡的と言うくらいに表面化したケースと言えるだろう。

 時に中学生くらいの児童まで嗾(けしか)け、梅野さん宅と団地敷地内にある梅野さんの所有物(自家用車など)への嫌がらせを繰り広げ、また梅野さんら当人に執拗な攻撃が仕掛けられた。

 その首謀者を相手取っての民事賠償請求訴訟である。

 被告の名は張 鋭(通名:江本鋭次)。元中国人の帰化人。

 張被告は梅野さん夫妻らが居住する団地5階より通路を挟んだ向かい側の団地5階に居住している。

 張被告は毎朝・毎夕、そして白昼の時間帯にテープレコーダー機器を使って野生動物の声を流しながら、オーバーに布団を叩く音を立てた。

 梅野さんら(原告)が見やると、張被告は梅野さんらに対して拳を振りかざしたり突きつけるような仕草で威圧、梅野さんらに向かって死亡と書かれた紙を示すなど、完全に異常者の言動である。

 こうした他愛もない嫌がらせでも何年も何年も続けられると堪ったものではない。

 ある時、梅野さんは張被告に対し、ベランダ越しに口頭でやめるように直接申し入れている。また、梅野さんは団地の管理者にも苦情を申し立て、その管理者より張被告に対しては注意がなされたにも関わらず、未だそうした執拗な嫌がらせと威圧行為をやめていない。

 拳を振り上げる行為は暴力行為を示唆する動作であり、死亡と書かれた紙を提示する行為は刑法で言うところの脅迫にも該当する。

 数年来の長期間にわたる嫌がらせと威圧行為のため、梅野さんらは平穏に生活する権利を侵害され、絶えず恐怖感や不快感、精神的苦痛に苛(さいな)まれている。

 その苦痛はとてつもなく甚大だ。

 梅野さんらは遂に訴訟代理人(弁護士)を立て、司法の場に訴え出て戦うことを決意した!

【裁判の詳細】

日時:平成27年1月28日(水) 11:30開廷
場所:さいたま地裁川越支部(さいたま地裁越谷支部の誤りでした)
原告:梅野祐亮・允子
(訴訟代理人:弁護士法人アームズ法律事務所 弁護士:浅水尚伸、中村信行、麻王秀一郎、出口和歌子、加藤善大)
被告:張 鋭(通名:江本鋭次)

 以上


 この件は私のブログで既に紹介した。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53092923.html

 被害者の名前も伏せ今回の裁判も関係者にだけ傍聴してもらうつもりでいた。しかし、梅野さんご本人がブログでの公表を望んでいるので敢えて実名も出して紹介することにしました。

 その理由をご本人は「出来るだけ多くの人に知って欲しい。身の安全を確保する意味でも公にした方が良いと思います」と私に昨日電話があった。

 長年どのような犯罪に苦しめられてきたのかは、前のブログで既に紹介済みですが、又書いておきます。


 1、本人が所有する車の周りを複数の人間が中を覗きこむように見ている写真

   (複合住宅の上からその駐車場が見え、写真でしっかりと捉えてあった。)

 2、その車の前後に生ゴミ、鳩の死骸、新聞紙(聖教新聞)を丸めたものが散乱している事実

 3、複数の人間が昼間からその駐車場にたむろして、何らかの機械の部品を広げて騒いでいる写真

 それは単に騒いでいると言うよりは被害者を威嚇しているような感じで写っていた。

 4、母親の自転車のタイヤがナイフで切られたり、チューブが全て剥ぎ取られた様子

 一人ではなく犯人達は複数で動いており、よって集団的なストーカー事件としました。ただ今回決定的な脅迫的行為をした人間は一人なので取りあえずはその人間に対して、先ずは民事訴訟を提起したものです。

 このような事件で苦しんでいる全国の被害者も多いと思われますが、注目の裁判だと思います。何故、昔から住んでいる日本人を標的にするこのような集団的な威嚇行動が行なわれているのか?

 加害者は驚くべきことに、うつ病とパニック障害の診断書を提出してきたようです。日本人に対する嫌がらせの理由を述べることを避け、あくまでも病気なので勘弁して下さいとの戦術のようです。

 犯人達は真実を語ることなく、この問題を終わらせようとしているのかも知れません。全国で起きているこの種の事件解明がなされることを願っています。

 某宗教団体の信者とのトラブルを機にこのような事件に巻き込まれたという被害者の訴えの真相は果たして明らかとなるのでしょうか?


  ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 

 りんごの販売は一旦中止しました。


 ジュース、ジャム、ドライフルーツのみの販売となります。

  
Posted by the_radical_right at 06:33mixiチェック